スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

食事五観の偈

2009.11.17 *Tue
オフ会で行った妙心寺の花園会館内の食事処「花ごころ」さんで素敵なものを見つけました。

割り箸の袋の裏面に『食事五観の偈』

一つには、功の多少を計り、彼の来処を量る。

二つには、己が徳行の全欠をはかって供に応ず。

三つには、心を防ぎ、過貧等を離るるを宗とす。

四つには、正に良薬を事とするは、形枯を療ぜんが為なり。

五つには、道業を成せんがために、将にこの食をうくべし。


前々から良い言葉だなぁと思い、覚えたいと思っていたので持ち帰りました。
それで色々調べてみると、なんと同じ禅宗でも曹洞宗と臨済宗では微妙に文章が違う部分がある!
妙心寺さんは臨済宗なので、もちろんこれは臨済宗の言葉なんですが、いつも参禅しているのは曹洞宗…。

ど、どっちのバージョンで覚えよう(汗)
もちろん意味は同じです。(検索すると、詳しい意味がたくさん出てきます)

食事は、自分の口に入るまでにどれだけの人の労苦によって成り立っているのか、この食事をいただく自分は果してきちんと生きているのか、貪欲にならず、この食事をいただくことによって少しでも世の中のお役に立てるような人間になる…という小さな願いですね。
12584255439.jpg
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

月子

名前:月子
本の感想等を書いてます。
好奇心旺盛なので、興味がわくとあっちゃこっちゃの扉を叩きます。でも、熱しやすく冷めやすいかも(汗)

●引用文には下線_か囲み線□をつけています。
●書物に関する記事は、旧ブログからのサルベージもあります。



最新記事



最新コメント



カレンダー



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



QRコード

QR



FC2カウンター



Copyright © 随處作主 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。