スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

お稲荷さんのお祭り

2010.02.14 *Sun
今日はいつも坐禅会に参加させていただいているお寺さんのお稲荷さんのお祭りに行ってきました。
檀家じゃないのでちょっとドキドキでしたが、住職さんだけじゃなくて何人もの僧侶がいらしててすごかったです。
なんというか、、、

お坊さんに萌えーー!!(笑)

僧侶の正式な法衣ルックを見ることがそんなにないのでうっかり萌えてしまった(笑)
若い僧侶も何人かいたし(〃▽〃)
ちなみに尼僧さんもいらっしゃいました。

坐禅仲間は今日はあんまり来ていなくて、檀家さんは坐禅会にはあんまりこないので、顔見知りがほとんどいなくてちょっと寂しかったですが、お汁粉を御馳走になり、福引でお茶漬けの素をもらい、お札とお守りをいただいて帰りました。
私はラディカルなバウッダなのでお札とかお守りとか信じてないし必要もないんですがせっかくなのでいただきました。お守り、なんか可愛い♪
201002142052000.jpg
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

初午ですね
そういえば、初午でしたね。
我が家では、近所の社に幟を奉納するとお赤飯が届くのですよ、この日は。
うちでは初午の稲荷社縁日は神道の行事なので、お寺で稲荷っての不思議に思えます。

因みにお守りやら、お札やらは目印だと思ってます。
外に向う祈りには方向を示す目印が必要です。
言ってみれば、お寺のご本尊も十字架もメッカもイコンも目印です。
初日の出に手を合わすのだって、目印でしょう。
ま、乱暴な言い方ではありますが。(^^;
2010/02/15(月) 11:41:10 | URL | 兎丸 #9exCmNi2 [Edit
コメントありがとうございます
兎丸さん☆

遅くなってすみません(汗)
住職さんに聞いてきたんですが、昔曹洞宗では貧しくて身分の低い農民とかはお寺の本堂に入れなかったらしいです。それで、その人々の為にお稲荷さんやお地蔵さんが本堂の外に作られ、そこにお参りに行ったみたいです。そういう歴史的経緯があり、曹洞宗でお稲荷さんがけっこう祀られているそうです。ある意味愚かさの歴史ですね。そんなことを道元さんが知ったら怒ったに違いありません。お寺に身分なんか関係ないですから。

ところで、あくまで個人的な趣味嗜好ですが、私は目印は必要ありません。それらにこめられた人々の想いは大切にするし尊重します。存在する意義もわかりますが、私は目印より坐禅の時の坐布の方が大切ですね。お尻が痛いのはかなわん(笑)
2010/02/22(月) 21:40:01 | URL | 月子 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

月子

名前:月子
本の感想等を書いてます。
好奇心旺盛なので、興味がわくとあっちゃこっちゃの扉を叩きます。でも、熱しやすく冷めやすいかも(汗)

●引用文には下線_か囲み線□をつけています。
●書物に関する記事は、旧ブログからのサルベージもあります。



最新記事



最新コメント



カレンダー



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



QRコード

QR



FC2カウンター



Copyright © 随處作主 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。