スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『犀の角たち』

2010.01.29 *Fri

究極の真理へと到達するために精励努力し、
心、怯むことなく、行い、怠ることなく、
足取り堅固に、体力、智力を身につけて、
犀の角の如くただ独り歩め (スッタニパータ)


けしからん…まったくもってけしからん…けしからんおもしろさだー!(笑)
もう、素晴らしすぎてどうコメントしていいのかわかりません。
半分くらい読み進めても全然仏教の話が出てこず、物理と進化論と数学の話題のみという構成も素晴らしすぎる。
この構成にすごく意図を感じます。
それは、最初期仏教(超越者を持つ大乗仏教ではない)は科学と肩を並べることができ、どちらも同じベクトル(ただし対象分野は異なる)を持っている…という理論展開のためと思われます。(科学の人間化についての説明をきっちりしているので、余計スマートな理論として理解できます)

もう、どっからどうやって感想を書こう…。
あまりに素晴らしすぎるため、素敵な殿方を見た時みたいにドキドキしていて、うまくまとめることができません(笑)
真理の探究というのは本当にリアルにおもしろく、わくわくドキドキで、今風に言うと萌え萌えのとこもあって、新たな学説に出会ったり自分が構築した理論を他者の中に見つけた時、ほんとに素敵な殿方にぽ~っとなるようにぽ~っとなる時間があるのですが、そう感じる私はほんとどうかしてる……と思っていたのですが、本書に、

真理の発見ほどに素敵なことは他にない。大きいこと、小さいこと、スケールはいろいろ違っても、自分で真理を見つけるという行為は最高にエキサイティングなことであり、生まれてきてよかったと感じることのできる人生の生き甲斐である。

という文章を見つけたので、ちょっと勇気づけられました。
今まさにぽ~っとなっているので、とりあえずわけて書こうかな。ちょっと他の本みたいに、簡単に書評としてまとめるにはおしい気がします。

まず、仏教学という学問に関しては、日本はトップ(クラス←謙虚に)であるとされています。
私が行っていた通信制の大学のスクーリングでは、海外の尼僧をよく見かけたんですが、参禅しているお寺の住職さん曰く、彼らにとっては日本で学ぶことが一種のステータスである、とのことです。つまり、それだけのレベルであるということですね。
そういう状況にあって、科学の素養を多少なりとも持つ佐々木先生のような仏教学者さんが今後もっと出てきてほしいと思います。科学に対する正しい認識と評価を持つ人が、仏教との関連性を研究したりするのはものすごく有意義なことだと思われます。
あと、学問の世界ではすでにされていることだとは思いますが、もう少し一般のレベルまで、原始仏教に関する正しい知識と理解を広めることは必要です。皆さんあまりにも大乗仏教しか知らなさすぎです。

私が原始仏教に出会ったのは二十歳そこそこの時でしたが、あまりの素晴らしさに頭をガツンと殴られたような衝撃がありました。
本当に原始仏教というのは、知的で合理的でスマートで、所謂宗教とは一味もふた味も違った大変な存在でした。
私は、原始仏教とは一生の付き合いになる…という確信めいたものがすぐに起こりました。
なぜならば自分の中で常に大切な存在である科学と、こんなにも自然に共存できるものはそうそうないからです。

ここで注意しないといけないのは、佐々木先生も本書で仰っていますが、原始仏教と大乗仏教に優劣はつけることはできないということです。それぞれに理論体系と可能性と力があり、それは優劣ではないということです。

<つづく>
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

月子

名前:月子
本の感想等を書いてます。
好奇心旺盛なので、興味がわくとあっちゃこっちゃの扉を叩きます。でも、熱しやすく冷めやすいかも(汗)

●引用文には下線_か囲み線□をつけています。
●書物に関する記事は、旧ブログからのサルベージもあります。



最新記事



最新コメント



カレンダー



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



QRコード

QR



FC2カウンター



Copyright © 随處作主 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。