スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『坊主DAYS』

2009.12.17 *Thu
数年前に『ピュアラブ』という、禅僧と白血病の女性教師の恋愛を描いたドラマがありましたが、そのドラマとこれを読めば禅僧ライフをけっこう知ることができるかも!?
禅僧ライフを楽しく読むことができます。(かなり笑える)
雲水修行のことを書いたエッセイなんかは何作かありますが、漫画は私の知る限りはじめてです。

杜康さんはハガレンの荒川さんのアシスタントで同人作家さんらしく、本作が商業誌デビュー作となるようですが、しょっぱなからなんというマニアックな内容!(笑)
私はたまたま荒川さんの本に挿入されていたチラシで存在を知りましたが、それがなかったらあやうくスルーしそう…。
版元が新書館だし、書店で見かけない可能性もあるかも。

作者の実家が臨済宗のお寺で、お兄さんが住職なので、描かれている内容は相当にマニアックかつ正確だと思われます。

それにしても、禅宗のお坊さんって大変だ~。
特に、臨済宗は公案があるし、僧堂での修行期間も確か曹洞宗より長いので、健康じゃなきゃ出家できないわ…。
本書にも、僧堂へ入門する時の大変さが描かれていますが、もうその時点で何人か脱落しそう。(実際脱落するらしい)
入門するためにお寺の玄関で低頭でひたすら入門をお願いする儀式とか(しかも数日間)、お風呂が5日に1回とか、現代社会ではありえん生活。
きわめつけは蠟八大接心。
ピュアラブでは『雲水殺し』という表現が使われていたように思いますが、ほんと私なら死ぬかも。
わずかな睡眠時間でさえ坐禅の姿勢で…って、ヘルニア持ちとしてはそれを聞いただけで泣けます。
そんなんしたらほんと痔になるわ!(本書で、痔という言葉が“寺の病”と書くことにはじめて気づきました)
私なんて、1日1回参禅するだけ(最終日は2回だったけど)の接心でさえ痔っぽかったのに!(嫁入り前…)

数日前にたまたま参禅後のおしゃべりで、曹洞宗の僧堂の話がでたんですが、永平寺と地方僧堂では微妙に厳しさが違うようで、選ぶことができるみたいですね。
ただ、椅子禅などはおそらくゆるされないらしいので、最近よく聞く「定年後の出家」は相当のガッツと準備がいりそうです。
坐禅ができないと禅宗での修行(in僧堂)はほぼ絶望的っぽい。
できるだけ健康で若いうちに行っておいた方がいいかも。

本書では、先輩による後輩への愛のイタズラが描かれていますが、それをいじめととる人もいるだろうし、ちゃんとした信頼関係がないとつらそうです。
実際にいじめの意識でやる人とかいそうだし。
杜康さんのお兄さんの場合はすごくいい関係そうでした。

あと、弟子からすると老師はアイドル的存在で、できればずっと独身でいてほしいと思っている…というのがおもしろかったかも。
自分達は結婚するのに老師には女性を近づけたくないってのが…(笑)
臨済宗は公案があるから、老師との師弟関係もなんか濃密になりそう。
真剣勝負の法戦を繰り広げるんだから、ある意味戦友?

個人的には、僧堂で数年間ものすごく厳しい生活をしても自坊に帰れば自堕落で好きにし放題(酒・妻帯・財産を持つ等々)よりも、バランスのとれたそれなりに厳しい生活を生涯続ける(酒・妻帯・財産NG等々)方がずっと大変だと思います。
本来の出家者とはそのようなものですが、まぁ日本にも色々複雑な歴史があり仕方ないかな。
酒好きで妻帯しててもいい僧侶はいるし。
でもできれば、禅寺には葬式法事ばっかやってないでせめて坐禅会ぐらいはしてほしいなぁ。
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

明けましておめでとうございます。
とはいえこちらは正月早々お葬式ですが。
ちなみに正月はお葬式が多いのです。
さて禅僧を扱った漫画は『ファンシイダンス』があります。
私が道場へ入門前に連載されて、とても参考(?)になりました。
あれは駒大→永平寺という設定でしょうが、私は見事にその臨済関西版、花大→相国寺でした。
2010/01/03(日) 13:09:34 | URL | shu #- [Edit
shuさん☆

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします☆

なんと!正月早々お葬式ですか。それは御苦労さまです。
人間死ぬ時を選べないですから、僧侶の方は1年中待機という感じですね。

ところで、『ファンシイダンス』おもしろそうですね!
映画にもなっているようだし、原作も岡野さんでおもしろそう。
今度読んでみます!!
意外に僧侶を題材にした漫画ってありますよね。
今月も僧侶を題材にした少女漫画が発売されるらしいと友達に教えてもらったので買う予定です。

shuさんは相国寺派でしたよね。
そういえば、shuさんのブログを見つけたきっかけは田中老師様でした…。
今年は相国寺にも行ってみたいです~。意外にまだお参りしたことなくて。

本年もよい年でありますように。
2010/01/03(日) 16:31:18 | URL | 月子 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

月子

名前:月子
本の感想等を書いてます。
好奇心旺盛なので、興味がわくとあっちゃこっちゃの扉を叩きます。でも、熱しやすく冷めやすいかも(汗)

●引用文には下線_か囲み線□をつけています。
●書物に関する記事は、旧ブログからのサルベージもあります。



最新記事



最新コメント



カレンダー



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



QRコード

QR



FC2カウンター



Copyright © 随處作主 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。