スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

儚い塵の勉強法

2009.12.06 *Sun
経典類って、書き込みをしたりマーカーを引いたりってありだろうか。
私は基本的に書物に書き込みをしない派なんだけど、教科書は別。
経典類は繰り返し読むから、ちょっと教科書的要素がある。
でも、経典に書き込むのは少し気が引ける…(仏教的・科学的にいうとただの本だけど)

ムスリムはクルアーンをとても大切にしているから、もちろん書き込みなんて言語道断だと思うんだけど(たぶん)、キリスト教徒で聖書にマーカーを引いてる人は見た。

ちなみに私の聖書にはインデックスをはったのですごく便利!(このインデックスシールは売ってます)
200912061146000.jpg

ところで、学生じゃない大人の人は、資格取得とかの勉強以外の勉強、科学や哲学や宗教の勉強はちゃんとノートに書いてしているんだろうか。
私は講習などに行く時はノートを持って行って話の内容を書くようにしているけど、自宅で個人的に勉強する時はただ本を読むだけ。
でも、ちゃんと体系的に学ぶ場合、やっぱりノートに自分なりにまとめたりすることが必要なんじゃないかと思う。
あと、「書く」ことによって難しい仏教用語などを漢字までばっちり覚えられる利点が。
ある程度情報を整理するためには、ルーズリーフも必要かな。
最近出た【ドット付ノート】は激しく便利そうだ。買わねば。

高校生の頃、エホバの証人の友達がいて、彼女はあの有名な(?)小冊子にたくさん書き込みをしていた。
小冊子には問い(問題)がたくさんあって、そのすべてを調べて答えを書きこんでた。
す、すごい。
エホバの教えには同意しかねるけど、その勉強熱心さは見習いたい。

ムスリムはクルアーンを覚えることをとても大切にしているけど、スマナサーラ長老の本によると、スリランカでも僧侶はとにかく色んな経典を丸暗記するらしい。
カトリックに比べ、プロテスタントの方の方が聖書の御言葉の丸暗記には熱心な気がする。
丸暗記はけっこう意味あることだと思う。

科学、とくに宇宙論は日々新しい発見があるから、常に最新の情報を得るように努力せねばならない。
単行本・新書だけでは不足で、やはり科学雑誌が有効だと思う。
昨日までの常識が今日の非常識になるのでけっこうおもしろい。

明日をも知れぬ儚い塵なのに、勉強したいことが多すぎて困る。
10代20代は好きなことを好きなように好きなだけ勉強してきたけど、30代はもうちょっと効率的にしないといけないかもしれない。
効率的な勉強法を考えねば。
COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

クルアーンに書き込みはできますよ!!
私は1冊、練習用に用意したものに、カタカナで書いたり、ここは伸ばすとか、とめるとか、いろいろ書き込んでいます。
さすがに、マーカーはちょっと。。ですが、鉛筆で書いています。

2009/12/16(水) 22:39:34 | URL | IRAM #mQop/nM. [Edit
Re: タイトルなし
IRAMさん☆

え!!書き込みできるんですか!!
クルアーンを触る前に手を清めるぐらいだから、てっきり書き込みできないかと思っていました。それって、アラビア語onlyの正式なクルアーンですよね?
クルアーンの朗唱のためには、やっぱり色々書きこんだ方が便利ですね。
ちなみに私も経典類に書き込むことにしましたー(笑)
2009/12/19(土) 10:23:32 | URL | 月子 #- [Edit
遅くなっちゃった!!!

そうそう。書き込めるんです~。
正式のものです。タジュウィード用に1冊まるまるアラビア語のを用意して、それに書き込んでます。
じゃないと、なかなか覚えられないし(^^;)

勉強のためなら、大丈夫だと思いますよ~!!
2010/01/13(水) 20:49:58 | URL | IRAM #mQop/nM. [Edit
Re: タイトルなし
IRAMさん☆

やはり、勉強する時はどうしても書きこんじゃいますよね~。
でも、ムスリムの方は、書き込むとしても日本語訳が一緒に載ったタイプの方にへかと思ってました。
あ、そういえば、中田先生のクルアーンが出るみたいですね。めどはまだたっていないようですが、楽しみにしているんですよ。
2010/01/14(木) 22:02:06 | URL | 月子 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

月子

名前:月子
本の感想等を書いてます。
好奇心旺盛なので、興味がわくとあっちゃこっちゃの扉を叩きます。でも、熱しやすく冷めやすいかも(汗)

●引用文には下線_か囲み線□をつけています。
●書物に関する記事は、旧ブログからのサルベージもあります。



最新記事



最新コメント



カレンダー



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



QRコード

QR



FC2カウンター



Copyright © 随處作主 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。