スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

『ハッブル宇宙望遠鏡でたどる 果てしない宇宙の旅』

2009.12.02 *Wed
宇宙は果てしなく大きく、ほとんどの人は宇宙を直接見ることができない。
きっと宇宙の美しさやシステムを人が正確に認識することはできない。
人は宇宙について想いを馳せる。宇宙について研究する。
宇宙は有限であるのか、無限であるのか。
宇宙の開闢。宇宙の終焉。
無のゆらぎってなに?

なぜ知ることができないのに、知りたいという欲求を生み出す生命が誕生したんだろう?

叩き潰される運命にあるゴキブリが、地球の美と神秘に想いを馳せたら、それは悲劇を通り越して喜劇じゃない?


本書は、宇宙に心惹かれても、人の一生の儚さを重々承知している人たちにとって、ちょっとした慰めと気晴らしを与えてくれるシリーズの第二弾です。(第一弾がよかったので今回も迷わず購入…と言っても買ったのは数年前)
人間の視差を利用して、宇宙の画像を3Dレンズを通して立体的に見せてくれます。
↓↓こんな感じでレンズを通して見る
200912012341000.jpg
慣れるまではなかなか立体に見えなかったり、コツをつかむのはだいぶ個人差があるようです。
長時間見るとちょっと気持ち悪くなる(汗)
サイズは小さいけど、星や銀河などが立体に見えて癒されます。

元職場の休み時間にこれを見てたら、みんなにびびられました。
仕事中の休み時間は、読書や思惟活動には適していますが(1時間の休みは同僚と話すより読書したい)、あまり変なことをすると余計変人に思われるので気をつけないと。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

月子

名前:月子
本の感想等を書いてます。
好奇心旺盛なので、興味がわくとあっちゃこっちゃの扉を叩きます。でも、熱しやすく冷めやすいかも(汗)

●引用文には下線_か囲み線□をつけています。
●書物に関する記事は、旧ブログからのサルベージもあります。



最新記事



最新コメント



カレンダー



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



QRコード

QR



FC2カウンター



Copyright © 随處作主 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。