スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

空の道

2009.11.24 *Tue
『一切は空である』
という生き方。
お釈迦様のとられた
『無記』
という姿勢。
無神論者の
『唯物論』
という思想。

健康でそれなりに生活できる財力があり家族がいれば、それほど難しい生き方ではないと思う。
人間として最低限生きていける状況であれば、そういった思想は、ある種の哲学的生き方を好む人びとにとっては心地よいと思う。

でも、病気になったり、天涯孤独になったり、お金がなくて明日食べるものもない状況になった時、その生き方を貫けるのであろうか。

病気になり、毎日毎日痛みと苦しみにのたうちまわらなければならない時、
『一切は空である』
という思想が、何か慰めになるのであろうか。生きる力や希望をくれるのであろうか。

もしキリスト教徒であれば、その苦難を犠牲として神様にお捧げし、死後に天国で愛しい人たちと永遠に生きるという希望をもつことができる。ユダヤ教徒やムスリムだって同じようなものだと思う。
お念仏者も、極楽浄土の希望を持つことができる。

希望そのものが病気を癒すわけではないけれど、希望は人間にとって大きな力になりゆる。

臨終の洗礼が多いのは至極当然のこと。
特に深く考えるでもなく生きて来た人々も、しんどい時には藁をも掴みたいもの。


だけど、真の原始仏教的生き方を選んだ人、ナーガルジュナに心惹かれるような人、肉体的死はすべての終わりだと思う人、そういったタイプの人々は日ごろから相当修行せねばならないと思う。
中途半端にそういう思想にかぶれたって、精神が成長していなければ、何か大変な苦難に陥った時、普段の思想はどこへやら…手っ取り早くすがれるものを探すことになる。

よりよい死を迎えるための活動をしている人が、いざ実際に自分が癌になれば、普段の理念はどこへやら…動揺と絶望の嵐の中に、という話は別に不思議ではない。
それが人間だからだ。


私は、何かを信じ切れるぐらい自分を騙すことはできないし、だからと言って坐禅や瞑想をしたところで精神を高めることもできないだろうし、ましてや悟りには程遠く…結局苦しみぬいて死ぬことになると思う。
そんな自分を本当に哀れに思う。
COMMENT (3)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

 一般法則論のブログを読んでください。
    一般法則論者
2009/11/24(火) 18:31:00 | URL | 一般法則論者 #px/v6bPE [Edit
分かります
>でも、病気になったり、天涯孤独になったり、お金がなくて明日食べるものもない状況になった時、その生き方を貫けるのであろうか。


私はムスリムだけれど、辛いことを味わうと、ぐらっとくる事も正直、あります。
本当に、私は信じているの?
ムナーフィク(偽善者)ではないのか?って。

けれど、神様を信じる心は持っているつもり。
今の私は、家族がいても、孤独感を感じるし、お金の不安もあるし、健康にも自信がない。

自分を慰めるすべがないときがあります。
2009/11/27(金) 01:09:24 | URL | IRAM #mQop/nM. [Edit
IRAMさん☆

人間は本当に苦しい時に思うこと、行動すること、発する言葉、それらがその人にとっての究極の真実ではなかろうか…と思う時があります。

生きるってすごく大変なことですよね。
私が昔バイトしていた時の職場の先輩も、だんなさんと子供がいて友達も多くて色々活動してるのに、孤独を感じると仰っていました。
人間て誰でも孤独を内包しないと生きていけないのかもしれませんね(><)
2009/12/01(火) 20:18:49 | URL | 月子 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

月子

名前:月子
本の感想等を書いてます。
好奇心旺盛なので、興味がわくとあっちゃこっちゃの扉を叩きます。でも、熱しやすく冷めやすいかも(汗)

●引用文には下線_か囲み線□をつけています。
●書物に関する記事は、旧ブログからのサルベージもあります。



最新記事



最新コメント



カレンダー



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



QRコード

QR



FC2カウンター



Copyright © 随處作主 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。