This Archive : 2011年05月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

シク教

2011.05.13 *Fri
突如としてシク教熱が盛り上がり、シク教について色々調べてみた。
でも、そもそも日本語で書かれたシク教関連の本って少ないー。
参考にしたのはこの2冊。



なぜこの2冊にしたかというと、本屋にはこの2冊しかなかったから(汗)
…で、読んでみて更に興味がわいたので、神戸にあるシク教寺院『グル・ナーナク・ダルバール』に行ってみた。
本当はあらかじめ電話して見学の予約をしたかったんだけど、どこにも電話番号が出てなかったので、仕方なく当日いきなり突撃。
寺院には日本語を話せないインド人しかおらず、日本語を話せるらしい人に電話してくれて、その人に色々教えてもらうことになる。
ちなみに、寺院にいたインド人はちゃんとターバンを巻いててちょっと感動(笑)
最近はターバンを巻かないシク教徒も多いとか。

翌日その人と電話で話、シク教の核心部分と言える教えを聞いた(というより、その人が勝手にしゃべりだした…笑)
全体の印象としては、寛容でどちらかと言えばスピ系の雰囲気。
新しい宗教なので、既存の宗教の欠点をうまく補正してるような印象。
例えば、他宗教を排除しない。
シク教聖典にはヒンズー教やイスラーム、仏教のことも書かれているらしい。
(この聖典は英語訳はあるそうだけど日本語訳完全版がないので、英語が読めないと確認不可)

あと、例えば、
「人がよいことをしようとしている時、それは宗教です」
というような言い方を何度もされた。
これは、シク教徒であるという前提がなく、どんな立場の人の善行も宗教的行動として、シク教は受け入れるという感じ。
シク教への改宗が必要という立場ではなくて、それぞれがそれぞれの立場で勤め励むことが宗教性である…みたいな。
この辺りは、シャハーダが絶対であるイスラームとは違う感じ。

両親を敬い大切にすること、相互扶助については殊更強調されていたので、この辺はシク教としてはものすごく大切なことなんだろうと思う。
どんな身分でも一緒に食事をすることが大切というのも、ヒンズー教に対する痛切な批判とも思えなくもない。


ユダヤ教や神道ほどは民族宗教ではないけど、かといってものすごく布教するわけでもなく、シク教徒になることを絶対視しないので、かなりゆるやか~~~~~なイスラーム+ヒンズー+スピ系という感じかな。
日本人のシク教徒もいるみたい(結婚がきっかけが主?)で、日曜日の礼拝後のご飯を作っているのは日本人女性とのことです。

201105051211000.jpg
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (2)  EDIT | 



プロフィール

月子

名前:月子
本の感想等を書いてます。
好奇心旺盛なので、興味がわくとあっちゃこっちゃの扉を叩きます。でも、熱しやすく冷めやすいかも(汗)

●引用文には下線_か囲み線□をつけています。
●書物に関する記事は、旧ブログからのサルベージもあります。



最新記事



最新コメント



カレンダー



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



QRコード

QR



FC2カウンター



Copyright © 随處作主 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。